Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘IMPERIAL’

 

IMG_0797

 

IMG_0800

 

成年後見人制度は認知症や知的障害などで判断力が十分でない人を守り

支援するための仕組みである

家裁が後見人を決め本人に代わって財産を管理したり契約を結んだりする

ところが後見人がつくと選挙権は自動的に失われることになる

選挙権は民主主義の根幹をなす重要な国民の権利であり

それを制限することは例外中の例外であるべきだ

判決も指摘するように私たちは選挙を通して

どのような政策が実現されたら幸いかといった意見を表明する

ハンディーのある人であればその思いはなおさらであろう

後見人がいる人は全国で13万人以上になる

私達の社会は障害がある人も分け隔てなく暮らしていける

ノーマライゼーションの実現を目指している

東京地裁の裁判長は判決の後

どうぞ選挙権を行使して社会に参加してくださいと語りかけたそうだ

誰もが同じ思いを抱いたのではないだろうか。

広告

Read Full Post »

IMG_0805

 

国土交通省が発表した公示地価を見ると、住宅地、商業地ともに下落幅が一段と縮まった

不動産市場への資金流入が増えており、大都市部では地価はほぼ下げ止まったと判断できる

大都市で地価が下げ止まった背景には低金利や住宅ローン現在の政策効果がある

今回の公示価格は2008年のリーマンショックで冷え込んだ不動産市場が

東日本大震災の影響も乗り越えて転換期を迎えたことを示している

むしろ、今後注意すべきは都心部などで地価が一気に上がる可能性だ

土地デフレに歯止めがかかることは経済全体にとって良いことだが

今後、日銀が大胆な金融緩和に踏み切れば、その影響を受けやすいのが不動産市場だろう。

 

Read Full Post »

IMG_0793IMG_0922

先日、神宮前エリアでおこなわれた女性だけのマラソン大会の

お手伝いに参加しました。皆さん明治神宮の森を気持ちよさそうに走っていました。

*自転車の事故 円滑に解決!

自転車ブームに伴い歩行者との事故が増加する中、東京の財団法人が先月

裁判外の紛争解決手続きを担う自転車ADRセンターを設立した

自転車事故に特化したADRは初めてという

賠償を巡る仕組みが未整備な自転車事故について

被害者の泣き寝入りや紛争を防ぐのが狙いだ

ADRは身の回りで起こる法的トラブルついて、裁判を起こすのではなく

中立的な第三者に関与してもらい解決を目指す手続き

裁判に比べ費用が安く済み、時間もかからない利点がある

相談を通じてトラブルの原因や背景を分析し、マナー向上や法整備の提言にもつなげたい。

Read Full Post »

 

IMG_0769

先日、長谷川 岳さんの励ます会に参加させていただきました

第一次産業をとても大事にしていて北海道のおいしい素材を使った料理が印象的でした

有難うございました。

 

*アベノミクス効果で大幅な株高と円高になり企業の業績予想上方修正が相次いでいる

だが、金融政策は達成時期の明確でない2%のインフレ目標を設定したものの

まだ政策手法が変わったわけでもなく、補正予算執行も成長戦略の策定もこれからである

経済は先を見て動く

利益が見込めれば節税目的の経費支出も増加し人材獲得競争も起きて

政府が要請せずとも給与もおのずと上がる

この好循環を生むのがインフレ目標である

今後は2%目標の達成時期と日銀の責任を明示した、期待を裏切らない

世界標準の金融政策の実行あるのみである

20年間のデフレで失った400兆円のGDPを取り戻す動きが始まっている。

Read Full Post »

IMG_0771IMG_0770

先日、カラー診断に行ってきました

僕はDELIGHTという部類で春色が似合うとのことでした

長い時間、嫌な顔ひとつせず、診断して下さった伊勢丹新宿店サンありがとうございました。

*渋谷区は区庁舎と渋谷公会堂の建て替えを検討する

いずれも老朽化しており、特に区庁舎は震度6強の地震で倒壊する危険性が高いことが分かったためだ

敷地の一部を定期借地権マンション用に貸し出して資金源にし、区の財政支出を抑える

区の計画によると敷地内に現在とほぼ同じ規模の区庁舎と公会堂を建てる

一部の土地は定期借地権を設定し、マンションかオフィス用地として貸し出すことを検討している

渋谷区は今年の夏までに一体整備を請け負う業者を選び、正式に建て替えを決定する方針

18年度4月から新庁舎で業務を始めたい考えだ。

Read Full Post »

IMG_0768IMG_0767

先日、大向地区にある千代田稲荷の初午祭に参加しました

皆様、今年も宜しくお願い申しあげます

*3月16日からの副都心線との相互直通運転で、東横線・渋谷駅が地下に移るのに伴い

渋谷駅南側の再開発と合わせて、渋谷川を人々が憩える水辺に再生する

老朽化したビルを撤去して広場や遊歩道を設ける

東京都と連携して川の水質も改善してオアシスを作り街を活性化する

再開発地では地上33階、高さ180メートルの高層ビルを建てる

ホテルやオフィス、様々な新しい文化を発信してきた渋谷の特性に合わせて

クリエーターやデザイナーなどを支援するSOHOやセミナー会場なども設ける

渋谷川再生は学生時代の井口ゼミナールで路上アンケートやSPSSなどを使いどんな再生方法がよいか

論文を書いたこともあり、とても楽しみである

完成は2017年度の予定だ。

Read Full Post »

IMG_0757

IMG_0755

先日、大向地区の町会連合会の新年会に参加してきました

先輩のバンド演奏もかっこよく、楽しませていただきました

*阿部政権の経済政策は実行する前から人々の期待を動かし市場の評価も上々だ

しかし、消費税率を10㌫に挙上げても依然十数兆円近いプライマリバランスの赤字が残ることを忘れてはならない

そこで、これからの政策はなるべく税金をつぎ込まないものにする必要がある

例えば年金では、これまでは基礎年金部分に税金を投入することや全額税財源の最低保障年金を

構築することに議論を集中させてきた

これ以上税金を年金に直接投資することはやめて、自分で老後の資金を積み立てる人に御褒美としての

減税を考えるべきではないか

これは個人が老後の資金を自前で積み立てる際に税制優遇をする制度で、米国のIRAやドイツのリースター年金など

先進諸国に多くみられる税制優遇私的年金である

次に生活保護だが、受給者のなかで勤労できる若者が40万人いるという

つまり、5人に1人は勤労が可能なのだ

そうであれば彼らが働いた場合に限って御褒美として給付金を渡すことにしてはどうか

ワーキングプア層にもこの制度を広げていけば将来の生活保護への転落を防ぐことができる

これは勤労税額控除、給付付き税額控除の一種でこれも欧米諸国で導入済みの制度である

共通点は政府は自ら助く者を助けるというものだ

社会保障にインセンティブ思想を取り入れることは新政権の政策にふさわしい発想ではないか。

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »