Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘東京都議会’

IMG_0877

IMG_0875

昔の建築様式が残るうちの事務所の前の喫茶店!今度行ってみようと思います

*実効ある支援で生活保護から仕事へ

生活保護の受給者が210万人を超え、保護費は約3.8兆円と過去最高水準だ

高齢化の影響もあるがリーマンショック以降働き盛りの層の需給が増えたことが背景にある

働ける人の就労を支え、自立を促すことが欠かせない

仕事がなかったり、職が不安定だったりする人は多い

早期の支援が新たなセーフティーネットとして効果を上げれば

新規の受給者が減ることにつながる

どんな人にどんな支援が必要か、費用対効果も含めノウハウを蓄積し

全国で共有する必要がある

必要な人にはちゃんと保護の網が届く、国民から信頼される制度であるために

なお課題は多い。

広告

Read Full Post »

IMG_0887

区長の会にて

IMG_0954

はなぶさ会にて

 

皆様の温かいご支援のおかげで自由民主党

勝つことができました

今回は何人かの候補者の車からお訴えさせていただきましたが

応援に入ったすべての候補者が当選できました

本当にありがとうございました

決められない政治の病根であったねじれも解消します

祝い酒ものどを通らないほどに、決められる数を託されたことの重みを肩に受け止め

公約の実現に向けて進んで行ってもらいます。

 

次は斉藤貴之の選挙になります

絶対に負けられません!!頑張ってまいりますので

今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

Read Full Post »

皆様の温かいご支援のおかげで自民党圧勝することができました

今後も変わらぬご愛顧よろしくお願い申し上げます

IMG_0858

先日のおはら祭で優勝した鹿児島の消防団のみなさまと一緒に踊った渋谷区第一分団女性陣

IMG_0878

久しぶりに第一分団4位に輝いた今年の操法大会

*地域の魅力を生かす再開発を

大都市中心部で再開発が活発になりつつある

今月だけでも御茶ノ水駅前や大阪駅前でオフィス、住宅、商業などが入る地域再開発が完了

今後も、名古屋駅や渋谷、虎ノ門などで大規模な工事が続く

これを機に都市の魅力や国際競争力を高めたい

地域の個性や多様性につながる再開発はビジネスにもプラスだ

今後の都市間競争では付加価値の高いアイデアやサービスを生み出せるかが重要になる

担い手となる創造性の高い人材は公共交通が整い、緑や文化が豊かな都市に

国境を越えて集まると都市学者は語る

今後は地域の文化や人のつながりにも目を配りたい。

 

Read Full Post »

IMG_0879 IMG_0859 IMG_0860

最近は、都議選、参議院選に向けて活動しています

自民党が圧勝できるよう頑張ってまいります。

*ドイツの労働市場改革に学べ

欧州では債務危機後、ドイツ経済の底堅さが際立っている

2008年の落ち込みは欧州で最も大きい部類だったが、その後はおおむね高い成長率を維持し

欧州経済のけん引役を務めてきた

失業率も上昇傾向に歯止めがかからない国が多い中、ドイツだけは5%半ばに低下した

見事な強靭性を発揮したドイツ経済とその労働市場に注目が集まっている

ドイツの改革の日本への含意はなんであろうか

ハルツ改革は支援と要請をキャッチフレーズに労働者に自助努力要請する一方

訓練などの支援による円滑な就労を重視していた

日本の場合、失業保険を受給できない求職者への職業訓練と

給付金支給を組み合わせた現行の求職者支援制度の効率化が必要である

第二に、ドイツの労働市場改革のもっとも重要な要因が

職探し・仲介の効率性向上だったことである

様々な改革が補完的に組み合わさって大きな効果が表れたが

とくに日本のハローワークにあたる雇用局が改編・強化され

職の紹介を断った場合のペナルティーが強化されるとともに

民間職業紹介のの規制緩和も先立って行われたことが重要であった

ハローワークと民間人材ビジネスの補完・協力関係の強化と

後者が最大限力を発揮できる環境の整備によるマッチング効率の向上が不可欠である。

Read Full Post »

 

IMG_0831

先日、看板が完成し事務所の横につけました。

これからも頑張ってまいります。

*常識の大転換

安部政権が保護と分配から競争と成長へと政策のカジを切ったことで

デフレ下で定着した常識の大転換が起ころうとしている

典型は人口減社会では成長できないという思い込みだ

海外では、ドイツも人口減少傾向だったが、デフレでもゼロ成長でもない

実は日本もドル換算ではこの20年、欧米並みに成長してきた

円高によりドル建てGDPは増えたが、円建てでは成長できなかった

つまり成長抑制の主因は人口減ではなく円高、ということだ

円安で成長期待が高まれば消費税増税への考え方も変わるだろう

TTP反対派が唱える農業保護は国益というのも、分配優先の考え方にもとずく過去の常識だ

高齢者は弱者という決めつけも変わるだろう、弱者はむしろ一部の若者かもしれない

マイナンバー導入を機に家計の状態をきちんと把握し、実態に合った公平を実現したい。

Read Full Post »

IMG_0828*歩道拡幅 地元は歓迎

渋谷区が2020年にも区道の道玄坂、宮益坂の歩道を拡幅する

20年ごろまでに片側2車線の車道を1車線に減らし歩道の幅を約2メートルづつ広げる

石畳の舗装は凸凹の少ないものに変える

見た目はおしゃれだが車椅子の通行や女性のハイヒールでの歩行に不便なためだ

街路樹のケヤキは樹齢が長く倒れる恐れがあるため若木に植えかえる

車道の両脇には自転車レーンも整備する

渋谷区はJR原宿駅前で一部分だけ車道を狭めて歩道を広げるなど

区道の歩道拡幅の実績がある

Read Full Post »

IMG_0818

先日、渋谷地区でおこなわれた金王八幡宮桜まつり、渋谷区自民党大会、

そして神泉円山 親栄会の桜まつりに参加しました。

*需給ミスマッチ鮮明

自治体が低所得者向けに空き家を仲介する背景には、住宅を巡る需給のミスマッチがある

総務省の調べでは2008年の全国の空き家率1998年比で34%増の約716万戸にのぼる

一方、国土交通省によると、低い家賃で入居できる公営住宅の応募倍率は平均で8.9倍だった

最高の東京都は平均29.8倍と入居待ちが常態化している

老朽化した空き家を修復し、入居希望者を誘導できれば住宅問題の解消の一助になる

国交省は空き部屋のある賃貸住宅の耐震やバリアフリーなどの改修費用を1戸当たり100万円を助成

都は高齢者らの共同住宅とすることを条件に、さらに100万円を上乗せする制度を設けた

しかし、都の制度は、利用者がゼロのまま前年度の募集を終了した

もっと実用性のある制度をつくり需給のミスマッチを解消したいものだ。

Read Full Post »

Older Posts »