Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年4月

若者の雇用不足が深刻化している

働く場所が安定しなければ家庭を持つのも難しいから

人材育成も非婚化も少子化問題も解決しない

解決には若者の雇用安定化が不可欠だ

財政赤字で時世代負担論が盛んだがこちらの方がはるかに深刻だ

政府も若者の雇用対策を重要課題に挙げている

そこで具体策として聞こえてくるのがミスマッチの解消や職業訓練の充実

学校でのキャリア教育や就職指導の徹底などである

しかし、そもそも仕事の絶対量が足りない以上ミスマッチの解消による効果は限られる

結局、小手先の政策では解決にならず、雇用総数を増やすしかない

将来を担う若者を心配するなら雇用創出に予算を使う方法しかない。

広告

Read Full Post »

日本人の相続の平均年齢がもう年金受給年齢に入った67歳である。これでは受け取った側が相続財産を旺盛に使うことは望めない。何かあった時の保険として預金を殖やし結果的にはそのほとんどの方が大幅な使い残しをしていく。その相続人がまた67歳で相続をして預金・・・そういう連鎖を少しでも断ち切るために、生前贈与を促進する策をとって一気に若い世代への所得移転を進めるべきである。促進策としては○○年以降、金融資産や貴金属の相続に関しては、相続税の基礎控除額を大幅に減らし、課税対象拡大部分に対応した最低税率は低く設定する一方で最高税率は上げる。それまでに生前贈与をしてはいかが?と宣言するのが効果的ではないか。

Read Full Post »

アジアへの経済シフトは1980年代に欧米の製造業が競争力を失い

ニッポンが世界の工場になったころと同じ現象だ

今や日本人の所得水準は欧米並みとなり若者は就職難でもきつい仕事を嫌がる

それに対し他のアジア人の労働意欲は高く技術水準は劣らない

むしろ熟練を要する仕事はタイ人に教えてもらわなければならなくなっているらしい

これでは生産拠点の海外流出は当然だ

前向きにこの事態を打開したければニッポン人一人ひとりが稼ぎ出す力

端的にはGDP(4万3000ドル)をレベルアップしていくしかない

大都市だけではなく伝統的な地域社会にも地域に適応した高付加価値化が求められる

人口がほぼ同じで立地条件も似ている北海道はどうしてデンマークのGDP(5万6000ドル)に

後れを取っているのか

人口45万人の中山間地域であるルクセンブルクは世界一の水準GDP10万5000ドル)を誇る

人口58万人で大都市圏から離れた鳥取県にも同じ力を発揮する工夫はありうるのではないか

東日本大震災を契機に戦後のニッポン経済をよみがえらせようとの声がある

それには被災地だけでなくすべての地域経済を根本的に組み替える発想が必要であろう。

Read Full Post »

今月初め、東日本大震災の被災地の子供たちが未来新聞を発行した

2020年4月1日付で1面には東北連合体がノーベル復興賞を受賞するとある

東北六県の生活水準を倍に引き上げ復興を果たしたことが授賞理由だ

岩手県宮古市から釜石市にかけての海岸沿い、建物の基礎だけが残した広大な更地

がれきの山、取り崩せないビルの点在など阪神大震災時の神戸とは全く様相が異なる

従来とは違った方法で産業を育て生きる糧を得なければならない

そのカギとは何か

解のひとつは未来新聞に書かれている東北連合体である

各県の人口を見ると六県集まると900万人を超えソウルやバンコクアジアの主要都市にならぶ

経済規模でも宮城県だけだと1000億ドルでモロッコやアンゴラと同程度だが

六県では4000億ドル程度に達しオーストリアとデンマークの間に入る

つまり、先進国と国際競争可能な規模を確保できるのだ

たとえば観光振興を各県がばらばらに行うより六県が一緒に実施する方がルート開拓などの幅が広がる

産業誘致も有望企業を取り合うよりは連携や役割分担を図り東北全体で最適となる戦略を練る方が実り多いので

はないか。

Read Full Post »

Image

Image

Image

Image

Image

先日、原宿一丁目町会の観桜会に参加しました

新宿御苑の千駄ヶ谷口から入っていつもの池のわきでおこないました

皆様お疲れさまでした。

*見えるテロ見えないテロ

北朝鮮によるミサイル発射が日本の領土や領海へ与える被害に備えPAC3などが配備された

このような目に見える脅威に対し防衛力により正々堂々と対処することは多くの国民の理解や支持を

得ていると思われる

日本国憲法前文には「諸国民の公正と信義に信頼して」いることが明記されている

しかし我が国の周辺には日本の主権を無視し国民を違法に拉致している国、長い歴史に照らし

明らかに我が国固有の領土を自国のものと強弁し不法占拠を続ける国、我が子九領海に侵入し

巡視船の正当行為を妨害する国などが存在する

日米安保条約を根幹とする防衛協力体制の一層の強化につき国家戦略会議の場などで

十分に議論を尽くす必要があるだろう

こうした目に見える脅威にとどまらず日本の企業や政府機関に対する目に見えないサイバーテロ攻撃への

対応にもさらに体制を整備しなければならない

近年は資金洗浄を繰り返したうえで海外資金を日本に持ち込み純粋な日本の会社の体裁を整え

大幅割安のシステムコンサルティング提供などを契機に企業に接近しシステム内に情報を外部に

自動的に流す装置を組み込んでしまうという巧妙な手口が増加している

グローバリゼーションとは国家間の食うか食われるかという激しく厳しい競争の面があることを忘れてはならない。

Read Full Post »

Image

岩手県の南部、北上市に展勝地と称する公園がある

青森の弘前、秋田の角館と並んでみちのく三大桜名所に名を連ねる桜の名所である

北上展勝地の桜は1920年の植栽事業によるもので、市民に広く呼び掛けて実現した

当時、付近の山々は樹木が乱伐されて荒れ果てていたため単なる一地方の景勝地に止まらず

国家的名勝、かつよそでは見られない画期的な名所にしようと将来を見据え、計画段階から

多品種の桜を植えることにしたという

この意図に相通じる植栽事業が東京渋谷の明治神宮の森でも行われていた

1915年から始まった造営事業である

境内には各地から寄せられた献木が全国青年団の勤労奉仕によって植えられ

5年後に完成、当時の大隈重信首相は伊勢神宮や日光のような荘厳な杉林にするべしと

主張したが計画に携わった学者や関係者はそれを退け、100年後に自然の状態になる森にするために

椎、樫などの照葉樹をうえることにしたという

現在では246種、約17万本の樹木が生い茂り自然林の風情をもつ憩いの場所となっている

100年の計を立て多様性を重んじる植栽に挑んだ2つの名所は震災復興事業の中でも

生かすべき貴重な成功例である。

Read Full Post »

Image

Image

Image

先日、大向地区神泉円山親栄会の桜まつりに参加しました

豪華賞品のくじや綱引き、そして餅つきなどなど

お天気にも恵まれおいしく楽しいお祭りになりました。

皆さんお疲れさまでした。

Read Full Post »

Older Posts »