Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年11月

20111128-163541.jpg

先日、母校、青学での消防訓練に参加してきました。青学自衛消防、地域ボランティア、渋谷消防署、渋谷消防団の連携で充実した訓練だったと思います。関係者のみなさまお疲れさまでした。

ギリシャ危機は典型的な不良債権問題である。2001年にユーロを導入し、ドイツ並みの低金利での借り入れが可能となり、企業も政府も借金を積み上げた。それにもかかわらず国民は改革に大反対で政府は統括能力に欠けている。
これに対してイタリアの借金残高は巨大だが構造問題を抱えるギリシャと異なり、流動性危機だけのイタリアは救済できる。
もともとユーロを導入する資格のなかったギリシャを退出させる。その結果、膨大な不良債権を抱えて資本不足になる欧州銀行に各国政府が資本注入するという不良債権処理の基本を忠実に適用するしかない。
もっともイタリア以上に大きな債務残高をもつニッポンには欧州債購入のための財政負担増は現実的ではない。しかしすでに存在する
外貨準備を活用することはできる。このドル資産でユーロ国債を購入すれば、円相場には中立のままで欧州の金融不安を軽減できる。
10年前のニッポンの不良債権問題を国内の大きな反対を押し切って果断に処理した小泉政権と比べて、現在の独仏政府はその場しのぎの対応に終始している。欧米経済のジャパナイゼーションが指摘されるなかで過去の不良債権処理の実績を世界に示すべきだ。
欧州発の世界経済危機の再来を防ぐためにニッポンがリーダーシップを発揮する。そうしたサプライズをいまのニッポンに期待したい。

広告

Read Full Post »

今日は、わが全日不動産協会の渋谷支部研修会に手嶋龍一先生を呼んで
新たな時代のリーダーシップを考える
をテーマに講演をして頂きました。
米政治などの話しをからめて面白おかしくお話いただき大変充実した時間を過ごせました。
ありがとうございました!

20111124-220059.jpg

半導体大手クアルコムは都内で電気自動車向け無線給電に関する技術説明会を開いた
無線給電では電気コードやプラグを使わず、送電て受電用の二つのコイルを使って磁気を発生させて離れた場所へ電力を伝える
駐車場や公共施設などに充電システムを設置し、技術課題や使い勝手を検証するらしい!
ちょっと前に、もう少しでなるであろうFather in lowのオーストリアの家に行った時の話では、住宅用ECOシステムも次の段階は無線で家庭に送電するシステムがいつできるか?だなと言っていた!
ニッポンの大企業も補助金がでるものばかり開発してないで本当に未来を見据えた研究をする時にきてるのではないかと思う。

Read Full Post »

20111120-210211.jpg

20111120-210233.jpg

先日、円山町での渋谷消防団の夜警に参加して来ました。
皆様、火の元にはじゅうぶん注意しましょう!

Read Full Post »

20111111-190815.jpg20111111-190934.jpg20111111-191026.jpg20111111-191051.jpg20111111-191123.jpg

20111111-191232.jpg

20111111-191249.jpg

20111111-191306.jpg

20111111-191324.jpg

今日はビックサイトで行われていたイベントに参加して来ました。
仕事などでお世話になっている方々が出演しているので楽しくそしていろいろ勉強になりました。
ありがとうございました!

Read Full Post »

欧州の首脳たちは統一通貨ユーロが永遠に存在し続けると何度も宣言してきた

ユーロは欧州中の経済を繁栄させ政治を調和させるための道具だ

だが、ユーロはそうした目的とは全く逆の方向に機能している

今こそ、

ユーロをいかに救うかでなくいかに廃止するかあるいは少なくとも

最も弱い参加国をいかに脱却させるかを考える時ではないか

ユーロ圏の解体が極めて厳しく危険でもあるのは事実だ

脱却する国では資本逃避と債務不履行が発生し銀行が倒産するかもしれない

経済と政治は少なくとも一時的に大混乱に陥るだろう

統一通貨圏の解体はEUそのものの解体を意味するという人たちがいる

だが、そう警告すること自体がEU解体という予言を実現させてしまうかもしれない

統一通貨が出現する前に統一市場、国境を越えた自由な往来、外交政策での協調が実現していた

それらは存続させられる

欧州首脳はユーロ圏の解体を考えられない事だと言わずに

むしろ解体の計画づくりに着手すべきではないかとおもう。

 

 

Read Full Post »

先週末は代々木公園で

くみん広場が開催されました

地域の町会、各種団体、消防団などなど

皆様のご協力で大成功だったと思います

関係者の皆様お疲れさまでした。

 

昨年末、チュニジアで青果物の行商をしていた失業中の青年が警察に検挙され、体制に抗議して焼身自殺した

この事件をきっかけに中東に広がった民衆による反政府抗議運動

「アラブの春」は

チュニジアのベンガリ、エジプトのムバラク、そしてリビアのカダフィ政権の崩壊へとつながり

その後もシリア、イエメン、バーレーン、サウジアラビアに広がっている

米国ではニューヨークで始まった抗議デモが全米に広がっている

「ウォール街を占拠せよ」「我らは99%だ」

をスローガンに金融界や政界などに抗議する米国発の市民運動は世界80カ国以上に拡大している

このように北アフリカに始まり中東、欧米にも広がった民衆による抗議運動だが

共通するキーワードは「格差」である

世の中には様々な格差や不均衡が存在する

新興国の台頭で先進国との経済格差は急速に縮小したが

その過程でまた新たな格差が生まれている

何かが急速に成長し衰退するときには仕方がない面もある

だが格差や不均衡を長期放置すればいずれシステムを破壊するリスクをはらむ

世界に広がる抗議デモはリスクの高まりを知らせる警鐘に聞こえる。

 

Read Full Post »