Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年10月

昨日は渋谷消防団の

団点検に参加しました。

地域町会、中学校、ボランティア、子供消防団と

連携しながら

実戦に近い消防訓練の模様を

披露させていただきました。

皆様お疲れさまでした。

 熊の話題が目立つ季節になってきた。

この時期の熊は冬眠前に脂肪を蓄えるため

ひたすらドングリを食べまくるのだが今年はそのドングリが少ないらしい

11月には関東や東北でも狩猟が解禁になり

秘境の宿ではクマ鍋やシシ鍋が振る舞われる

だが、今年は様子が違う

発表によれば日光で捕獲されたツキノワグマから

基準値を超える放射性セシウムが検出された

緑豊かな森には雨で降った放射線物質がたまりやすい

除染されていない木の実を腹いっぱい食べるクマやイノシシの体内には

そんな放射線物質が大量に蓄積されてしまう

野生動物の行動範囲は一頭ごとに異なるから

捕獲した動物については長期にわたって全頭検査を義務付ける必要がある

チェルノブイリ原発から何百キロ離れたドイツの森では

事故から25年たった今も野生のイノシシから基準値超えの放射能が検出されていて

せっかく仕留めたハンターが泣く泣く廃棄を命じられる例もあるという

福島県の調査団が初めてチェルノブイリを訪れている

原発事故の影響が何十年も残る現実をしっかり見てきてほしいものだ。

広告

Read Full Post »

 

 

昨日、近所を歩いていたら

恵比寿神社の大祭が行われていたので

ちょこっと見てきました。

 

TTP反対の声が農業関係者からでなく、医療関係者からも上がっている。

TTP参加の是非を考えるときには、規制改革の視点が必要である

医療部門を例に取るとTTPに反対する医療関係者は

混合診療が全面解禁され株式会社の医療機関経営への参入が認められることで

皆保険制度が崩れ米国企業などが利益を得ることを警戒しているもようである

市場開放という観点では日本はいまでも外国人が医療行為や病院経営をすることは可能だ

根拠なくTTPの影におびえる反対論者の姿を政調会長は

「TTPのおばけ」と評した

反対論者がおびえるのはTTPではなく医療部門の規制・制度改革ではないか

医療分野に限らず規制・制度の改革は国民負担の増加を抑制すると同時に

成長戦略の柱となるものである

農業分野も例外ではない

TTPへの参加が決まれば次は農業部門の改革と農業強化のための

財政資金投入が議論になる

農業が再生し輸出競争力が高まればTTPの恩恵を受けるのは

他でもない日本の農家自身である

TTPへの参加の有無にかかわらず規制・制度改革を進めることが日本経済の再生につながるのではないか!

Read Full Post »

今年も8町会が集まり

大運動会が行われました。

天気にも恵まれ

元気よく楽しむことができました。

原一町会は残念なことに

4位に終わりましたが

また来年に向けて町会の絆が

強まった気がしました。

来年は50周年の記念の年!

絶対優勝しましょうね~

みなさんお疲れさまでした。

Read Full Post »

先週の土曜日は大向地区の松濤中学校で大向フェスタがありました。
地域の子供達が新潟で育てたお米を渋谷区長にプレゼントし、五日市からは子供太鼓、神南小と松濤中の吹奏楽部の発表など色々楽しませていただきました。ゲームやバザー、様々な飲食のコーナー、防災の体験コーナーもあり盛り上がりました。皆様ありがとございました。そして関係者の皆様お疲れ様でした。20111017-184927.jpg

Read Full Post »

先日、三井倶楽部で行われた友人の結婚式にいってきました。和やかな雰囲気で大変楽しませていただきました。末長くお幸せに!

ロンドン時代の仲間の写真を載せておきます。

初のスマホからの書き込みです。

Read Full Post »

円高が日本経済を圧迫する要因として注目されている

輸出を妨げ、デフレからの脱却を難しくしているという

だが、円高のデメリットばかりが強調されている面はないだろうか

自国通貨が他国よりも強くなることが不利なはずがない

円高が国際問題となった71年ニクソンショック、85年プラザ合意

日本の輸出産業は打撃を受けたがやがて

それを輸出品目の転換や内需拡大によって克服した

円高が問題でないという理由は

第一に、現在円高とされているものが必ずしもそうでないことがある

第2に、円が強くなることは輸入品を安くする効果がある

日本では石油や工業製品の輸入が増えており

円高によって安く輸入でき国民経済の面ではプラスも大きい

円高を食い止めようと政府が市場に介入するという政策は的外れではないか

公共事業を中心とする内需拡大策を実行してはどうか。

今日10月7日は父、サイトウクニオの誕生日である

おめでとうございます。

とうとう70歳になる

まだまだ元気そうだが

お酒の飲み過ぎには気をつけて長生きしてほしい!

Read Full Post »